赤星建築都市設計研究所は熊本を起点に住宅・店舗・リフォームから各種建築施設や街づくりまで広く設計デザインしています

熊 本 機 能 病 院
より快適で安心できるリラクゼーション空間の提供

この計画は、1981年の開院以来増改築を続けて来た熊本機能病院の建て替えで、 飛田バイパス沿いの地域交流館を併設する新館の増築である。

地域拠点となっている病院で、地域住民の皆さんから愛されている半公共的施設であり、 熊本地震の際も多くの地域の方々の避難所となった。


その増築となる本計画は、来院される方々が、より快適で安心できるリラクゼーション空間を提供し、 各個人の健康をケアサポートできるこれからの病院を創ろうとしている。

新館の外観はよりシンプルにデザインしている。

新館西側の既存玄関を残しつつ東側にも玄関があるダブルフェースになっている。




また、西側には24時間外傷センター、救急総合診療センター受付を設けた救急車入口がある






ロビー階 受付、待合
ロビー階の外来ゾーンでは、これまで複雑でわかりづらかった動線を100mのホスピタル・プロムナードで新館と結び、 主導線として単純明確にしている。

ホスピタル・プロムナードから総合・各科受付待合、検査センターへの誘導サインと 隣接する水源地【八景水谷】の風景をアクセントカラーで表現し、
各コーナー毎にわかりやすく演出している。








ロビー階 受付、待合  
ロビー階の外来ゾーンでは、これまで判りづらかった動線を100mのホスピタルプロムナードで新館と結び、主導線とし明確にしています。

このホスピタルプロムナードから総合受付、各科受付待合、検査センターへ誘導サインとアクセントカラーで判りやすく整備しました。















建設地/熊本市北区山室6丁目8番1号
完成/2016年1月
構造規模/鉄筋コンクリート4階建
敷地面積=13,372.57u(4,045.2坪)
延床面積=12,602.04u(3,812.1坪)
1階= 2,947.77u( 891.7坪)
2階= 4,551.85u(1,376.9坪)
3階= 2,551.44u( 771.8坪)
4階= 2,518.32u( 761.7坪)
PH階=  32.66u( 9.8坪)




熊本、都市、建築、設計、店舗、住宅、リフォーム、環境、イタリア、デザイン、アイデア、ローコスト、ライフスタイル、機能循環、家族の成長、長生きする家、街づくり、快適